緊張を力にする話し方

シェアする

人前で話さなければならない。と考えただけでドキドキしてきます。心臓もパクパクしてくるし、手足がブルブル震えてくるし、顔がほてってきて冷や汗が流れてくる。緊張さえしなければいいのに。そして何より緊張している自分を誰かに見られるのは最も嫌です。

話し方教室に来られる方の動機は、緊張せずに人前で話せる様になりたいという方が多いです。そして教室でスピーチをしていただくのですが、聞かせて頂いて本当に緊張されてるのですかと思うほどみなさん全員が上手に話してくださいます。スピーチが終わった後受講生の方にも感想を聞いてみると、「全く緊張している様に見えません!」とみなさん同じ感じ方です。しかしスピーチしてっくださった方に、話してみてどうでしたかと尋ねると、「緊張してしまい途中何を言ってるのわからなくなっていました」とおっしゃいます。

つまり話している人は、ものすごく緊張しているのですが、聞いている人はさほど気にしていないということあるし、自分の中で起こっている緊張の現象はわかられていないということになります。

でもやはり緊張を避けれるのなら緊張したくないですよね。

次になぜ、緊張してしまうのか。まずはいいカッコしたい。よく見られたい。失敗したくない。間違えたりして恥をかきたくない気持ちもある。特別な自分でありたい。すごいと思われたい。など全て自分の中で起こる思いからではないでしょうか。

なのにこれらの現象から起こる作用を悪いことだ。あってはならないことが起こった。止めなければと思う所に無理が生じて、抑えようとして抑えきれずに余計に過剰な反応が起こるのかもしれません。

緊張はあって当然と。当たり前のことが起こっているのだと。そして誰でもみんな起こる現象なんだと考えて見てはどうでしょうか。緊張はよく見せたいと思う前向きで素晴らしいエネルギーが身体のコンディションを整えている反応なんだと。緊張は自分の内からわき上がるエネルギーの高まりです。エネルギーが高まり話したいことや伝えたい情熱が言葉と共にその人から湧き出てきます。

緊張なくしてはわき上がる思いも伝えたい情熱もありません。ならば緊張を力にして話す勇気をつける。緊張を受け入れると緊張を力にして話すことが出来ます。

シェアする