話し方上達法|話し方教室 大阪 話し方でお悩みの方は日本話し方スクールへ

howtotitle

カリキュラム案内と受講料

click

人前で自分を伝える話し方

話す内容だけが伝わってきて、話す人の気持ちが伝わってこないときはパニックになりますが、話す内容とともに話す人の気持ちが伝わってくると本当にそうだと思える実感があります。

ila

話し方の上達法

人前で話す実習は、自分を体験しています。自分はどんな声で、どんな言い方で話しているのか。どんな思いをもって、どんな考えをもって何がしたいのか。自分はどんな人間なのか。人前で話す実習によって自分を体験していくと、自分ができることがだんだん見えてきて、自分はこういう人間なんだということを受け入れることができるようになります。うまく話せないときは、自分を受け入れずに話すので誰が話しているのかわからないという印象の話し方だったが、話し方教室に入会して、自分を受け入れて話すようになると、自分が話しているという実感を得て話せるようになります。これが話し方の上達となっています。


話し方教室初級クラスでの実習

1、人前で自分の気持ちを伝えるために


seminar1

起承転結という形式が先に来ると、話したいと思う気持ちがどこかに行って文章化して話しています。自分の気持ちを表現して人に伝えるには、形式にとらわれず、これを話したいと思う気持ちをつかんで自由に話すことを意識して話せば、自然に気持ちから出た言葉で話せるようになります。たとえ1分ほどの短いスピーチでも、自分の気持ちで話すことができたという実感を得ることで、次のプレゼンテーションへの自信につながります。

2、人前でも1人ひとりと対話するように話す


seminar2

話し方の目的を「上手に話す」ことから「伝える」ことに変えると人前で話すことが楽になります。上手に話すことが目的のスピーチはどうしても形式的なスピーチ口調で話しますが、伝えることが目的のスピーチは普段、自分が話している普通の話し方でマンツーマンで話すように一人ひとりと対話するように話すことができます。

3、会話を共有するために


seminar3

自分の存在を消して人に合わせていくコミュニケーションは、形式的で堅苦しい会話です。人に合わせていくしんどさがあります。自分の存在をもって人と共有していくコミュニケーションは、打ち解け合える雰囲気がでて、自然に相手と会話を共有することができます。