Q&A|話し方教室 大阪 話し方でお悩みの方は日本話し方スクールへ

Q_Atitle

よくある質問と答えをまとめています。


Q、 私は話題が少ないのですが
A、 人前で何を話そうかと「話題」をさがすとき、まわりのものに対して新鮮な目を向け始めます。そして、見たものに対して感じるという、見ること感じることを訓練しています。見て、感じることができると「ひとつの話題」に出会うことができますよ。
話し方教室では、話題分類法を用いてどんどん話題を開発していきます。話題は自分の内から引き出されていきますよ。
Q、 早く上達したいのですが
A、 形だけのスピーチではなく、本当に話せる人になろうとすると、その基本的なもの、その人自身の気持で感じて話すことができるスピーチの上達には限りがありません。6ヶ月くらいの時間をかけて下さい。
ヒューマンプレゼンテーションの話し方上達法は、自分の声で、自分の言い方で、自分の感覚で話すことを訓練しているので上達が早いですよ。
Q、 あがりは克服できるのでしょうか?
A、 あがって話せないのは、あがりではなくイシュクして話せなくなっています。あがっても話せるには、あがりを創造的なエネルギーに変える訓練をしましょう。
話し方教室では、アガリをエネルギーにして話す訓練をしています。アガリを押さえようとするとイシュクしますが、アガリをエネルギーにして話すとアガリが気にならなくなって自信をもって話せるようになりますよ。
Q、 いきなり人前で話すのがこわいのですが
A、 人前で話すのは、30秒~2分以内です。最初は短くて簡単なスピーチで慣れていってもらいます。長く話すことより一言でも気持から出た言葉で話せることを訓練していきましょう。
形式の姿勢ではなく、自分の感覚で人前に立ってみましょう。自分の感覚で人前に立てば自分が動いて、自分で話せるようになりますよ。
Q、 会議で即座に意見が言えるようになりたいのですが
A、 即座に話す訓練法、EPS法は、何を話そうかと考えずに、自分の体験に結びつけて考えて、パッと話すことを見つける訓練です。会議でも即座に意見が言えるようになりますよ。
ポイントととらえる能力を向上させていく訓練によって、誰でも即座に話せるようになりますよ。